「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

人の身体は運動不足や年齢と共にどんどん柔軟性を失って自分の体が固いとおっしゃる方も増えてきていますが、では何故人の体は硬くなるのでしょう。

 

1つ大きくこれが出来ているか出来ていないかで身体の柔軟性が変わっていくのですが、日々の運動が筋肉の柔軟性に関わってきます。筋肉は何のために使う?と聞かれると日常生活や仕事で使うと言う方が多いですが、実際、人の身体の筋肉は何のために使われてきたと言うとどの国でも一緒なんですが狩りをするためと言われているのです。ここであり得ないと思いますが、今現在でもアフリカや先住民がいる所では狩りをして生活をしている人はいます。

 

いまだに狩りをしながら暮らしている人たちはどのように生活をしているかと言うと、狩りしながら自分たちで行い、四六時中身体を動かす自給自足をしています。そんなことばかりしていたら疲労が溜まり、身体の状態が悪くなって筋肉を痛めて、身体を悪くするというイメージもあると思いますが、全然そんなことは無く。彼らは毎日身体を動かして生活をしているため、私らでいう身体のダルさなどはほとんど感じません。どちらかと言うと、走って足を捻り、動けなくなると、村の占い師に呪われているなどと言われるらしいです。先住民が住んでいる所ではケガの専門家はほとんどいらっしゃいません。彼らは身体を動かす事で筋肉の柔軟性を作り、血液の循環が良くなり疲労が溜まりにくい生活をしているのです。

 

ここから導かれるのは、私らは普段から限りなく狭い環境で同じ筋肉しか使わないので動かす必要性のない筋肉がどんどん柔軟性を失っていってしまうのです。私らは静物ではありません。動物です。身体の適度の運動を行う事で筋肉の柔軟性が出てきて、痛みの予防や他にも血流も良くなり、疲労を溜め込みにくい身体になります。当院では運動の仕方やその人に合せてのアドバイスもできます。身体の筋肉の柔軟性で困っている方は一度当院までお越し下さい。しっかりと診させて頂きます。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP