「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

間食と言うと、甘いおやつや、しょっぱいおやつなどイメージしやすいのですが、これを必要以上にドカ食いや、よろしくない時間帯に食べてしまうと、太ってしまうので、今回は食べても大丈夫なものと、時間帯の説明をさせて頂きます。

まずやはり太る定番、ドカ食いはあまりよくはありません。一時の幸せに任せるとどんどん増えてしまうので、食べ方を変えた方がいいです。

食べ方と言ってもどうすればいい?と思うとこなんですが、お腹いっぱいにしたければ、歯ごたえのある少ないものを良く噛むと言うのが鉄則になってきます。

例えばナッツ類やするめなどの乾物が好ましいです。バリバリ噛むことで、顎を使い。たくさん噛むことで満腹中枢にたくさん食べているというイメージを植え付ける事で、少ない量でも満足することが出来ると言う考えです。するめいかなどはカロリーなども低いのでお勧めです。ナッツ類は量を決めてよく噛んで食べるのがお勧めなのですが、良く袋に入っている状態のを全部食べてしまうと、余計な脂質や糖質を取ってしまうので、大体20個前後を一粒筒をよく噛んで食べた方がおススメです。ナッツ類には食物繊維が豊富なので腹持ちもよくすぐにお腹がすく人にはナッツ類がおススメかもしれません。

後食べる時間ですが、食事の一時間前と、寝る3時間前は避けた方がいいでしょう。血糖値が挙がっている状態でさらに追い込んで食べると、余分な栄養が脂肪に変化します。なので、食べていいのはお昼終わって2時間後や、夕食の3時間前までおススメです。

最後にあくまで、おススメなだけで成功するのは自身の頑張り次第なので、気持ちを強く持ってやってくださいね。

後ドライフルーツも少量ならおススメです。

 

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP