「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

猫背(悪い姿勢)になってしまうと常に筋肉の緊張が起こってしまうので様々な症状が出ます。そして一見関係の無さそうな部分にも影響を及ぼしています。

 

その中で最も気付きにくいのが、猫背による顎の痛み・顎関節の不安定性です。

 

猫背になると身体の重心が前方にはたらくため、どうしても頭や顎の部分も前のめりになってしまいます。

自分では意識していなくても、顎を突き出した姿勢になっていますので、必然的に顎関節にも負担・ストレスが掛かっていきます。

そのため、猫背による筋の緊張が顎へのダメージとして伝わってしまい、やがては顎関節症を発症してしまうのです。

 

驚かれる方も居ると思いますが、身体の歪みは顎関節症の原因になります。

猫背のように背骨(背椎や頸椎)が歪んでしまうと、その先にある顎関節にも歪みが生じたり、顎を動かすのにはたらく筋肉群は頚・頭についているので緊張して伸び縮みしずらくなると無理やり動かす形になり、筋肉を痛めてしまいます。

 

人間の関節は背骨が真ん中になって各部位と連結していますので、背骨と直結している顎の関節は特に影響が現れやすいです。

ですので長い間姿勢の悪いまま過ごしていると、知らず知らずのうちに顎関節症のリスクが高まってしまいます。

もし原因がハッキリしない顎の痛みを自覚しているなら、姿勢の悪さ・背骨の歪みは必ず関わっていますのでそのあたりを治していかないと、顎の施術ばかりをして楽になっても、すぐにまた繰り返す事でしょう。

 

顎の痛みはかなりつらいです。今痛みが出ていない方でも、背骨が歪んで姿勢が悪くなっている方はいつ出てもおかしくない状態ですので、背骨が歪まない・姿勢が悪くならない様にしっかりとメンテナンスをしていきましょう!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP