「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今、日本の医療現場はめざましい発展を遂げつつあります。ここ数年でもっとも注目を浴びているのがiPS細胞による再生医療でしょう。このiPS細胞とは一体何なのでしょうか?

iPS細胞とは簡単にいうと、どんな臓器にでもどんなものにでもなれる万能細胞と言われています。(人工多能性幹細胞とも言われます。)血液中の細胞や皮膚細胞からもつくることができ、怪我や病気などによって失われてしまった細胞を補う事ができると期待されているものになります。

このiPS細胞で今まで難治、もしくは不治の病とも言われていたものが良くなるようにと今年の秋ごろから臨床試験が始まるようです。これからの時代は臓器の移植なども自分の細胞をもとに新たな臓器を作ることにより、移植後の拒絶反応のリスクに悩むこともありませんし、多くの方が救われることになるでしょう。これは小児医療でも大きな進歩でしょう。小児医療は身体も小さく様々な制限が出てくる事も多いですがiPS細胞ならその制限もなく、良くなりやすいでしょう。

今日の日本の医療は大きく発達してきていますので、これから様々な症状に対応できるようになり、さらに今後の未来に希望がさすことになるでしょう。

 

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP