寝屋川市で信頼できるプロの施術を受けるなら寝屋川駅前整骨院へ

寝屋川駅前整骨院

脱水症状と熱中症の違い

2018/05/09 カテゴリー:ブログ

5月は連休で色々な所に出かける方が多いかと思いますが、医療関係者として、気を付けて頂きたいのは、熱中症と脱水症状です。遊びに夢中になりすぎて、水分を摂取しないままにすると、急激な気温の上昇などで引き起こしやすいので十二分に気を付けた方がいいでしょう。

最近は、熱中症も脱水症状もそこまで、解らないと言う方は少なく、気を付けましょうと、周りで声かけ運動が見られますが、実際この二つが別物で、どのように違うのかを説明してくださいと言うと、ほとんどの方が説明できる方が少ないです。今回はこの二つをわかりやすく説明していきたいと思います。

まずは、脱水症状について説明するのですが、脱水症状とは身体から水分を失われることを言います。わかりやすくいうのであれば、洗濯機の脱水状態のタオルと同じです。脱水症状が強く出てくると、口の渇き、発汗の停止、筋肉の痙攣などが出てきます。最初の二つは身体の水分が失われたために出てくる症状で、痙攣は、汗と一緒にナトリウムなどの電解質物質、いわゆる筋肉を動かす栄養素が流れ出ていくために起きてしまします。痙攣まで

出てくると重度の脱水症状なので、しっかりと水分と少なくなった塩分を摂取することが大切です。

最後に熱中症なんですが、これは脱水症状の最終段階で、出てくる症状です。熱中症は簡潔に答えると、身体に熱が籠ることを言います。熱中症で起こるのが真っ直ぐに歩けなかったり、皮膚が赤くなって乾燥し、めまいなどが引き起こります。

なった時や疑いがある時は、すぐに日陰に避難し、水分を取ることが大切ですが、あればスポーツドリンクがおススメです。スポーツドリンクならば塩分と電解質が補給できるのでお勧めです。後は冷たいもので首、脇下、うち太ももなどを冷やしてください。大きな静脈があり、身体を血液の循環で冷やすことが出来、ゆっくりとほてった身体を冷やすことが出来ます。

これからのシーズンはこの二つに気を付けないと、楽しめないと思いますので、予防にスポーツドリンクや塩飴などを持ち歩いておきましょう。

メールでのお問い合わせについて

メールでのご予約は下記のフォームよりご連絡下さい。

#

お電話、メールでご連絡頂く際は、

「初めてなんですが●日の●時にご予約お願いします」とおっしゃってください。

ご希望時間がない場合は「午前か午後でお願いします」とおっしゃってください。

平日は 16時 が比較的空いております。
土曜日は 13時 が比較的空いております。

■ 注意事項 ■

※フォームがうまく作動しない場合、お手数ではございますが、072-803-6380まで直接お電話にてご予約いただきますようお願い致します。

■営業の方へ ■

当院の受付時間中は、電話での対応をお断りしております。

ご用の方は問い合わせフォームに内容を明記の上、必要であればこちらから折り返し連絡をさせて頂きます。

 必須  項目はすべてご記入ください。

ご予約希望日時  必須   月  日  時頃
お名前  必須 
例)整骨 太郎
フリガナ  必須 
例)せいこつ たろう
メールアドレス  必須 
例)○○○@docomo.ne.jp
電話番号  必須 
例)01-2345-6789
お問い合わせ内容
送信確認  必須   上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

#
# #

〒572-0042 大阪府寝屋川市東大利町6-13

お問い合わせ 072-803-6380

© 寝屋川駅前整骨院 All Rights Reserved.